月別アーカイブ: 2017年3月

過払い金返還請求の流れ

弁護士に過払い金返還請求を依頼すると、弁護士は着任、受任通知を各貸金業者に発送し、弁護士がこの債務整理に介入したという事を知らせます。この時に債務が残っているという場合、返済もストップさせますし、取り立てなどの督促行為も即時ストップさせます。この督促などがやむのは弁護士という法律の専門家が取り掛かったことでやむという事で、個人で行っても取り立て行為などは収まることがありません。

貸金業者に債務情報の開示を請求し、それをもとに法定金利である15%から20%の利息制限法上限金利に合わせて引き直し計算を行います。これによって過払い金があるかどうかがわかります。貸金業者から取引歴が来るまでに通常1ヵ月から3ヵ月程度かかるので、時間はかかります。

引き直し計算によって算出された正しい金額によって、過払い金返還請求を行います。弁護士が電話や書面によって返還請求を行い、返還に応じないという場合には、裁判所に訴訟を提起することになります。こうしたことを行ってもらっては困るので、通常、いやいやながらも返還に応じてくれるはずです。

合意書を取り交わし、過払い金の入金が返還日までに行われるかどうかを確認します。その上で、弁護士事務所によりますが、後払いという形で弁護士事務所への支払いを行うというところが多くなっています。稀に返還に応じない業者もいるため、訴訟となった場合に弁護士への依頼の方がスムーズです。

弁護士に依頼した場合のメリット

長年、借金を返済する事が出来ず、今まさに、払い続けているという方は、勇気をもってまず弁護士などの法律の専門家に相談してください。督促などが来ていて生活に支障があるという方も少なくないでしょう。弁護士事務所に相談するという事は債務整理を行うという事、それはちょっと避けたいと思っているうちに、家族に連絡されたり職場に話がいってしまうなど、大きなトラブルとなる事もあります。

弁護士に依頼すると、消費者金融に着任の連絡を行います。これによって消費者金融からの督促はすべて来ないはずです。もし来るようなら弁護士に連絡し法的な手段をとってもらいましょう。通常、全く来なくなります。弁護士が介入した場合、引き直し計算を行い、消費者金融と相談し現在の借入返済の利息部分を無くして完済させるか、もしくは、過払い金返還請求を行い支払過ぎた利息部分を取り返し、借金返済に充てるなどいろいろな方法を考えてくれます。

この期間、半年くらいかかる事もありますが、督促など一切来ない状態となりますので、平穏な生活が戻ります。支払過ぎた利息を返還してもらっても、債務完済とならない可能性もありますし、弁護士の費用についてここでためておけば安心です。

過払い金返還請求の前に知っておいてほしいこと

過払い金返還請求を行う前に、今、債務が完了したものについて過払い金返還請求を行うという場合には、問題なく行うことができます。ただし、完済してから10年が経過している場合、時効となり返還請求できません。そのため、完済している債務があるという方は、弁護士事務所など、過払い金返還請求を行ってくれる方に相談しましょう。

現在、返済を行っているという方は、注意が必要です。過払い金返還請求を行うという事自体、債務整理の中の任意整理などにあたるからです。過払い金返還請求は、消費者金融当てに行うもので、この返還請求を行う前に、弁護士がこの過払い金返還請求に関わっている、着任しているという事を消費者金融に知らせます。

引き直し計算を行って、本来支払うべき本当の利息計算を行うという事、過払い金返還請求を行うという事は任意整理に当たります。これは消費者金融にとって金融トラブルという事になりますし、個人信用情報機関に債務整理の記録が登録されます。

こうしたことをブラックリストに掲載されるという事がありますが、実際にブラックリストが存在するという事ではなく、トラブル情報として信用情報に登録されるという事です。こうなると新規にローンを組むこともできませんし、クレジットカードを作るという事もできなくなります。

過払い金返還請求で過払い金を取り戻そう

テレビコマーシャルでも盛んに、過払い金返還請求を行いましょうと伝えています。過払い金返還請求には期限があり、すでに完済した債務については10年間という期限があります。そのため、この時効になる前に、しっかり取り戻すべきものを取り戻してくださいと訴えているのです。

過払い金返還請求は、グレーゾーン金利があったころに債務を持っていた方は請求できる可能性があります。もちろん、現在も返済中という方についても、請求できる可能性があります。

以前あった法律、出資法の上限利息29.2%以下、利息制限法の金額に応じた利息以上、この間のグレーゾーンと呼ばれる金利で貸し付けを行っていた消費者金融等に、過払い金返還請求を行うことができます。このグレーゾーン金利は支払うことのない利息部分で、これは最高裁によって判決も出されています。

過払い金については引き直し計算を行うことで、本来支払うべき金額を決定し、支払過ぎた部分について、請求を行うことで変換してもらうことが可能なおかねです。多くの弁護士事務所ではこうした過払い金の請求に主軸を置いて今、業務を行っている所が多いのです。

弁護士を利用すると費用が掛かる、今その費用がないという場合、弁護士事務所によっては過払い金返還請求で変換された費用から支払してくれたらいいとしている所が多くなっています。本来支払うべきではない費用で、自分のもとに戻ってくるお金があるかもしれません。しっかり請求を行うためにも当サイトによって情報をつかんでいただけたら幸いdです。