過払い金返還請求の前に知っておいてほしいこと

過払い金返還請求を行う前に、今、債務が完了したものについて過払い金返還請求を行うという場合には、問題なく行うことができます。ただし、完済してから10年が経過している場合、時効となり返還請求できません。そのため、完済している債務があるという方は、弁護士事務所など、過払い金返還請求を行ってくれる方に相談しましょう。

現在、返済を行っているという方は、注意が必要です。過払い金返還請求を行うという事自体、債務整理の中の任意整理などにあたるからです。過払い金返還請求は、消費者金融当てに行うもので、この返還請求を行う前に、弁護士がこの過払い金返還請求に関わっている、着任しているという事を消費者金融に知らせます。

引き直し計算を行って、本来支払うべき本当の利息計算を行うという事、過払い金返還請求を行うという事は任意整理に当たります。これは消費者金融にとって金融トラブルという事になりますし、個人信用情報機関に債務整理の記録が登録されます。

こうしたことをブラックリストに掲載されるという事がありますが、実際にブラックリストが存在するという事ではなく、トラブル情報として信用情報に登録されるという事です。こうなると新規にローンを組むこともできませんし、クレジットカードを作るという事もできなくなります。